About Me,  世界のこと

初ヨーロッパは1人でローマに深夜到着

多読についての記事が増えてきたので、そろそろ自分のことも書いていこうかなと思います。

今思うと、かなり無謀な始まりでした。

大学2年の夏、ローマでのボランティアプログラムに参加しようと申込をし、飛行機を予約しようとしたところ、ローマ22時着しか空きがありませんでした…

なんとかなるかな、と予約して、それからは必死にイタリア語の勉強。

とにかく飛行機の中でイタリアの方と仲良くなって、乗り切ろうという作戦です。

飛行機は成田→どこかで乗換(たしかミラノ?)→ローマでした。

成田→ミラノまでは3人席でお隣は親子でパパと女の子。女の子はイタリアと日本のハーフで2人とも日本語も少し話せたので、イタリア語を教えてもらいながら、機内エンターテイメントにあったマリオテニスを一緒にプレイ。

乗換後が勝負。

緊張しながら、次の飛行機に乗り込むとお隣はイタリア人の老夫婦。
頑張って拙いイタリア語で話しかけて仲良くなり、
2時間程度のフライトでしたが、とてもかわいがってもらいました。

ローマでタクシーに乗せてもらい、無事に宿泊場所へ。
宿泊場所は公民館みたいなところだったので、到着した23時には入口は施錠されていて途方にくれたのですが、ウロウロしていたらメンバーが発見してくれてなんとか合流。

この後も波瀾万丈でしたが、なんとか無事にボランティアスタートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です