世界のこと,  多読について

Peppa Pigで世界の言葉を楽しむ

いろんな言葉のPeppa Pigがちょっとずつ楽しめる動画を見つけました。


Peppa Pig One-Line Multilanguage

アルファベット順に紹介されています。
Albanian, Arabic, Armenian, Belarusian, Brazilian-Portuguese, Cantonese, Castilian-Spanish, Catalan, Croatian, Czech, Danish, Dutch, Estonian, European-Portuguese, Filiphino, Finnish, Georgian, German, Greek, Gujarati, Hebrew, Hindi, Hungarian, Igbo, Indonesian(subtitles), Italian, Japanese, Kurdish, Korean, Latin Spanish, Latvian, Lithuanian, Macedonian, Mandarin-Chinese, Norwegian, Polish, Romanian, Russian, Serbian, Slovakian, Swedish, Ukranian, Vietnamese

ここだけでも45か国語(!!)でPeppa Pigが楽しめることがわかります。
同じ国でもテレビ局が違ったり、シーズンごとに少し変化しています。

あまり見慣れない(聞きなれない)言語もあります。
Catalan(カタルーニャ語)はスペイン東部のカタルーニャ州に居住しているカタルーニャ人の言語。、 Kurdish(クルド語)は トルコ、イラク、イラン、シリア、アルメニア、アゼルバイジャンなどのクルド人の間で話されている言語。、
Igboは(イボ語)はニジェール・コンゴ語族の言語でナイジェリア連邦共和国南東部のイボ人を中心に約1800万人が使っています。

言語によってテンションも違います。同じストーリーでもイタリア語やポルトガル語は陽気な感じです。クロアチア語はなんか落ち着いた感じがします。オランダ語とヘブライ語はもともと喉を鳴らす音があるので、Peppaの鳴き声と一瞬混ざりました。笑

個人的にはフィンランド語のPeppaがかわいいです。
みなさんはどの言語のPeppa Pigが好きですか?

「サッカーと音楽は世界共通」といわれますが、Peppa Pigもその仲間入りをしてそうですね。
日本語でPeppaを観て育った子ども達と、クルド語やイボ語、スウェーデン語などでPeppa Pigを観て育った子ども達が、Peppa Pigの話題に花を咲かせるなんて未来がきそうで楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です