英語のこと

語学のインプットとアウトプット

言葉を身に付けたい時に大切なのは、適切なインプットとアウトプットのバランスだと思います。

「英会話に通っているけど、あまり話せるようになった気がしない」
という相談をされることが多いです。
英会話だとアウトプットの活動がメインなので、インプットがまだ十分でないうちは何を話したら良いかわからない・同じ表現や内容ばかりになってしまいがちなのかもと思います。

たくさんインプットして、アウトプットする材料を増やしていくことが学習初期にはとても大切です。
最初はインプット9割・アウトプット1割くらいが良いでしょう。

私が高1で留学した時は、お店で買い物する時も値段が聞き取れない状態でした。そこからホストファミリーや友人に助けてもらいながら、わからないながらも英語を吸収して3ヶ月くらい経った頃に、少しずつ英語が理解できるようになってきました。

聞き取れるようになっても、自分が言いたいことを話せるようになったのは半年後でした。コップの中の水があふれてくるように、急にスラスラと言いたいことが口から溢れ出てきました。今でも不思議だなと思います。

多読だと場面と気持ちと言葉をセットにインプットできるので、
実際に似たような場面に遭遇した時、似たような気持ちになった時に
自然と心から言葉があふれてきます。

教室でもたくさんインプットした後に、実際に英語を使います。
インプットした言葉を自分に合わせて使ってみることで
どんどん言葉を自分のものにしていきます。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
まずは多読を体験してみて下さい。
現在開催中の体験会はこちらからご確認いただけます。
 ★多読について知りたい方はこちら
 ★クラススケジュールはこちら
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です